投稿

子供と一緒❤️スイスの歩き方🇨🇭ティチーノ州④

イメージ
ハロー!ドイツ・ハンブルク在住のユキです。 (初めましての方へ。自己紹介は コチラ です 🧏🏻‍♀️ ) スイスの中のイタリアと言われる ティチーノ州(Ticino) を紹介しています。 今回は 第4弾 です!! ロカルノやマッジョーレ湖周辺は ティチーノ州① マドンナ・デル・サッソ周辺は ティチーノ州② 大人も子供も楽しめるおススメスポットは ティチーノ州③ 今回は以前ご紹介した場所から打って変わって、ひたすらマッタリ時間を楽しむ場所です。 マッジョーレ湖(Maggiore) まず、旅の拠点の ロカルノ(Locarno) から出発します。 ロカルノから目的地である アスコナ(Ascona) へは車かバスで10分程です。 でも、せっかくの素晴らしいお天気だったので、私たちはロカルノから船に乗ってマッジョーレ湖をアスコナに向かいました。 スイスの湖の水って、どこも澄んでいて美しいんです。 Ascona(アスコナ)🌴 我が家はティチーノ州に親戚がいるので、アスコナで待ち合わせしました。 それから皆んな一緒にマッジョーレ湖畔を散歩したり、湖を眺めながらカフェでゆっくりしたり・・・ これぞバカンス🌴といった優雅な時間が流れていきます。 (逆を言えば、ココ、他に何もないんですわ🙊) 昔からアスコナには多くのアーティストや著名人が好んで住んでいるんだそうですよ。 確かに、ここならガッツリ集中できそうだし、美しいし、気候も良いし納得です。 湖畔をお散歩 スイスの他のリゾートや観光地と比べると、ここでバカンスを過ごす人々の年齢層は若干高めに感じます。 とはいえ、この街はすごくチャーミングで、いわゆる「映え」スポットが盛り沢山です。 写真の撮影に忙しそうな若い人たちもチラホラ❤️ 私のアマチュア写真からも伝わると良いのですが🤞🏻 湖を眺めながらカフェタイム アスコナのマッジョーレ湖の周りには、可愛らしいカフェやレストランが軒を連ねます。 しかし、この日はかなり暑かったー! 歩き疲れた私たちは親戚の行きつけのカフェでアイスクリームやコーヒーを頂きました。 聞こえてくるイタリア語も、異国情緒を感じさせます。 こうして私たちはゆっくりとした優雅な時間を楽しみました❤️

ドイツの日常🇩🇪ベルリンの春🌸息子と遊覧船ツアー

イメージ
ハロー!ドイツ・ベルリン在住のユキです。 (初めましての方へ。自己紹介は コチラ です 🧏🏻‍♀️) ベルリンはイースターが終わった頃から突然暖かくなりました。つい先日までは街もまだ冬モードで暗くて、ダウンコート無しでは寒かったのに! ここ数日でお花がたくさん咲いて、木々には新芽が出てきました❤️🥰 去年の7月にベルリンに引越してきた私にとって、ベルリンで迎える初めての春です🌸 シュプレー川(Spree) ベルリンの街の真ん中を流れるシュプレー川は、延長約400キロメートル。 エルベ川水系なので、ずっと辿っていけば私が去年まで住んでいたハンブルクに行けます。 🧏🏻‍♀️「なんならそのままエルベ川を下って北海に出ちゃうことも可能!?」 シュプレー川は水の流れがとても緩やかなので、白鳥やカモなどの水鳥がくつろいで水面に浮かんでいます。 そして水辺にはすでに夏服で日焼けや読書を楽しむ人たちでいっぱいです。 冬の間は誰もいなかったのに、ベルリンってこんなに人がたくさんいたんですね!笑 遊覧船ツアー そこで、この前の週末に息子のボクちゃんとシュプレー川の遊覧船ツアーに参加してきました。 👦🏻🧏🏻‍♀️ 遊覧船ツアーを実施している会社はたくさんありますが、我々が今回申し込んだのは 「 Stern und Kreisschiffahrt GmbH  」 という会社の「 City tour from Friedrichstraße (C8)」コースです。 所要時間は約2時間。 まずは、地下鉄でフリードリヒシュトラーセ駅Friedrichstraße)にやってきました。 私たちの便の前の船が出発するところでした。 乗船場の目印はコチラ👇🏻の青い看板です。 Weidendammer Bridge スタート地点に掛かる鉄製の重厚感ハンパない橋は、戦争中に破壊されずに残った数少ない橋のひとつです。 ワシとポーズ。 恋愛祈願で皆さん鍵を掛けられていますが、ベルリン市によって定期的に撤去されます。 いよいよ乗船時間になりました! 大勢の方々が既に列を作って搭乗するのを待っています。 朝は曇って肌寒かったのに、船に乗る頃には太陽が顔を出して眩しくなりました。 私はサングラスも帽子も家に置いてきてしまった💦 一方のボクちゃんは帽子もサングラスも準備万端でしたが、川に落とし